ワンフェスタとウォーターサーバー情報

最近では、会社や公共機関だけでなく一般家庭でもウォーターサーバーが導入されることが増えてきています。
しかし、ウォーターサーバーについて詳しく知らないという方もいらっしゃるかと思います。
ウォーターサーバーの歴史、ウォーターサーバーが注目を集めている理由を見ていきましょう。

ウォーターサーバーの歴史

ウォーターサーバーは、1910年頃にアメリカで誕生した「ウォータークーラー」が始まりであると言われています。
アメリカ南西部では慢性的に飲み水が不足しており、そのため水を長期に渡って保存する仕組みが必要だったのです。
100年近い歴史のあるウォーターサーバーですが、日本で導入され始めたのは1980年代に入ってからです。
普及が遅れた理由としては、水が不足することが少なかったことが挙げられるでしょう。
当初は非常に高価な家電だったため、導入できる家庭、機関も限られており、一般家庭には馴染みのない設備でした。

水道水の安全性

水道水を飲むことのできる国は、日本を含めて15か国しかないと言われています。
日本の水道水は、水質基準も厳しく、安全性の高い水です。
水道水を直接飲んでいるという方も少なくありませんし、浄水器をつけて飲んでいる、料理に使っているという方も多いでしょう。
しかし、浄水場、浄水器を通していても、不純物を完全に取り除くことはできません。
さらに、PM2.5などの大気汚染や、東日本大震災の放射能汚染などをきっかけに、水道水の安全性を疑問視する声も上がっています。
それに伴い、ミネラルウォーターを購入したり、ウォーターサーバーを導入したりする人が増えてきているのです。

ウォーターサーバーは現在注目を集めている

日本へ伝わってきた頃は大変高価だったウォーターサーバーですが、最近ではスーパーなどでミネラルウォーターを購入するのと変わらないくらい安価になってきています。
ウォーターサーバーへの関心は年々高まっており、引越しや出産をきっかけにウォーターサーバーを導入する家庭も多くなっています。
水は生活に欠かせないものです。
今後の健康、生活の利便性向上のためにも、ウォーターサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする