電気代はどうなの?

「ウォーターサーバーにすると、電気代が上がってしまうのでは?」
「冷水と温水がいつでも使えるってことは常に電気を消費しているんじゃないの?」
便利なウォーターサーバーですがやっぱり気になるのは、電気代なのではないでしょうか。
今回は、そんなウォーターサーバーの電気代を説明していきます。

電気代はどのくらい?

ウォーターサーバーの電気代は使用頻度にもよりますが、多く場合毎月平均1000円前後の費用で抑えることができます。

ここで普段ご家庭で使用されている方も多い、電気ポットで比較してみようと思います。
平均的な2.2リットルの電気ポットを1日2回沸騰させ、それ以外の時間を保温状態にして置いた場合1日、約30円程度の電気代になります。
これを約一か月間続けたとしたら1か月900円かかる事になります。

1か月900円で、冷水と温水の両方を利用する事ができるとなれば、決して損をする事にはならないのではないでしょうか。

最近のウォーターサーバー事情

最近のウォーターサーバーには便利な機能として、「エコモード」が備えられています。その種類を二つにわけるとすると「手動」と「明かりセンサー」になります。

『手動』

ウォーターサーバーにエコモードというボタンがついていて、そのボタンを押すとエコモードへ変わるという手動でのエコモードになります。

エコモードのボタンを押している間は冷水・温水ともに温度が低くなり、使っていない時間の電気代を節約することができます。

『明かりセンサー』

名前の通り、ウォーターサーバーが設置されている空間が明るいときは通常通りに稼働し、暗いときは設定温度を下げエコモードに変わるという機能です。部屋がくらい間は、手動の場合同様、電気代を節約することができます。

このようにトータルでウォーターサーバーの利用を考えてみると、メリットしかないと言えるのではないでしょうか。

確かに毎月ある程度の出費はありますが、ウォーターサーバーを利用する事で、生活の幅を広げる事ができるはずです。
エコで家事への負担を減らす、そんな生活にしてみませんか?