ウォーターサーバーの水と水道水の違いってご存知ですか?

コンビニなどで手軽に購入できるミネラルウォーター、自宅の水道水、そしてウォーターサーバーの水などなど、私たちが日常的に飲んでいる水には様々な種類が存在します。
生きていくために絶対必要である水ですが、それぞれ含まれている成分に違いがあるという事を知っていましたか?
水に関する話題は、昔と変わらず現代でも日常的に取り上げられているので、知識として覚えておくといいかもしれません。

水道水

水道水の元となる水は、主に湖や川などからくみ上げられているものです。浄水場を通してくみ上げた水をろ過したり殺菌しています。
その、ろ過作業や殺菌作業の際に消毒用の薬剤として塩素が使われることによって、水道水には微量ではありますが、成分が溶け込んでしまっています。

また、古い水道管を使用しているご家庭では、鉛や銅などの金属類も混入している可能性があるので注意しましょう。

ウォーターサーバー

水道水と同様、ろ過や殺菌の過程を得てからボドリングされます。
ですが、ウォーターサーバーの水はもともと綺麗な地下水から採水しているため、水道水の場合のような強い消毒処理は不必要になります。
さらに、ウォーターサーバーのメーカーごとに徹底した品質管理や検査も行われているため、安心できる水だといえるでしょう

このように、私たちが普段から使用している水道水には、ごく微量ですが、塩素などの成分が混入していて、ウォーターサーバーにはそのような有害物質は含まれていないということがはっきりと、理解していただけたと思います。

水道水は、水道法によってきめられている厳しい水質基準をクリアしたうえで皆さんのもとへ届けられているので、人体への影響は心配いらないといわれています。
ですが、体内に直接取り込むことを不安に感じる人もいるのではないでしょうか。安全性を重視している方は、ぜひ、ウォーターサーバーの導入を検討してみてください。