水にはどんな成分が含まれているのか

水には、ミネラルなどの体に良い成分も多く含まれています。
しかし、鉛やトリハロメタンなどの有害な成分も含まれているので、どのような成分が含まれているのかを知り、安全な水を飲めるようにしましょう。

天然水に含まれている成分

・4大ミネラル
4大ミネラルは、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムを指します。
これらは、骨や筋肉を作ったり、働きをスムーズにする作用があります。
そのため、生きていく上で欠かすことができな成分であるといえます。
ミネラルは、摂取しても排出されやすいという特徴を持っているため、毎日飲む水から摂取できるのは体のためにも良いのです。
また、ミネラルは食事から摂取しようとすると難しい場合も多いので、天然水を飲用することをオススメします。

・バナジウム
日本国内でバナジウムを含む水は、富士山麓の水だけです。
バナジウムには血糖値を下げる作用があると知られていて、糖尿病の予防のためにも接種したい成分です。

水道水に含まれている成分

・美味しい水道水とは
水道水でも、4大ミネラルがバランスよく含まれ、塩素濃度が低い場合は美味しい水といえるでしょう。
美味しいと思える水は、ミネラルの絶妙なバランスが必要になります。
なぜなら、ミネラル分が多すぎると苦みや渋みが強くなってしまいますし、不純物がない水は安全だけど美味しくない水になってしまうからです。

・鉛
鉛は、古い水道管の材料に良く使われていますが、人体に悪影響を及ぼすことが分かってからは使用禁止になっています。
鉛は体内に入ると溶けやすいのですが、排出されにくいという特徴があります。
蓄積されてしまうので、1度に摂取する量は少なくても知らぬ間にダメージを受けている可能性があります。

・トリハロメタン
トリハロメタンは、水道水を殺菌する際に発生します。
発がん性があると知られているほか、中枢神経や内蔵にもダメージを与えることがわかっています。
アトピーやぜんそくの悪化、疲労感などが現れるという報告があります。