カルキ抜きって面倒?

水道水には人体に被害を及ぼす塩素が含まれています。
この塩素は「カルキ」と呼ばれていて、よくみみにする言葉ではないでしょうか。
さて、この「カルキ」。
人体に被害を及ぼすのであれば、できる限り取り除きたいところです。
でも、カルキ抜きってめんどくさい、そんなイメージがありますよね。
そこで、誰でも手軽にできるカルキ抜きの方法をご紹介します。

①水道水を沸騰する
水道水を沸騰させることによって、カルキを蒸発し取り除くことができます。
ただし、沸騰した直後に火を止めてしまうと、水道水に含まれているカルキを完全に抜くことはできませんので、沸騰時間をしっかり取ってください。

②レモン果汁
水道水を飲料水として摂取するときに、レモン果汁を入れるのもおすすめです。
レモン果汁には塩素を分解し、還元するビタミンCが含まれています。
また、ビタミンCを含むものならば他の物でも代用することができます。

③緑茶
緑茶にも塩素を分解するカテキンが含まれているため効果的です。
カテキンはビタミCと同様に塩素を還元する力があるため、カルキ抜きには有効です。

④ハイポ錠剤を利用する
カルキ抜きに効果的なハイポ錠剤を利用するのも一つの手です。
この方法は、金魚や熱帯魚用の水を作るときに適しています。

⑤1~2日汲み置き
水道水を1~2日汲み置きすることで、時間をかけてカルキを蒸発させるという方法もあります。
時間は多少かかりますが簡単ですよね。これは、金魚や熱帯魚を飼育する際に、水道水を水槽に入れて1~2日ほど汲み置きして使用するとよいでしょう。

簡単なカルキ抜きの方法を5つほど紹介しました。
ただ、毎日となるとやっぱりめんどくさいですよね。
「もっと手軽にできないか」「安心して水を飲みたい」そんな時は、多少コストはかかりますがウォーターサーバーを利用するのも一つの手です。
場合によって使い分けてみるのもよいでしょう。
いろいろ試してみて、自分に合った方法を見つけてみてください。