残留塩素の体への影響

浄水場で殺菌に使われた塩素が水道水に残ったものを、残留塩素と呼びます。
残留塩素の量は水道法によって定められていますが、少量の塩素であっても、人体への影響が全くないとは言い切れません。
魚を水道水で飼育すると死んでしまうことがありますが、その原因は残留塩素にあるとも言われています。
今回は、残留塩素の人体への影響についてご紹介いたします。

まず注目したい点が、塩素の殺菌力、消毒効果の強さです。
塩素の強力な殺菌、消毒効果によって水の安全性は保たれています。
しかしその一方で、塩素の強い殺菌力は、ビタミンを破壊する作用も持っています。
ビタミンは体を健康に保つために必要な成分なので、普段から飲用する水道水にこのような作用があることは、大きなデメリットでしょう。
また、水道水に含まれる有機物と塩素が反応することで生成されるトリハロメタンは、発がん性が指摘されています。
残留塩素の濃度が高いほど、トリハロメタンが生成される量も多くなってしまい、がんのリスクが高まることになってしまうのです。

塩素の殺菌力、消毒効果は、髪や肌にも影響を及ぼします。
髪の表面を覆っているキューティクルは、残留塩素によって剥がれ落ちてしまうとの指摘がなされているのです。
キューティクルの傷みや剥がれは、髪のツヤがなくなる、枝毛になるといった髪の傷みの原因となります。
キューティクルはタンパク質でできているため、残留塩素の酸化力によって破壊されてしまうのです。

同じように、タンパク質から作られている肌も残留塩素によって傷められてしまいます。
肌のタンパク質が酸化してしまうことは、肌の潤いや保湿機能が低下することに繋がってしまいます。
塩素が多く含まれるプールで泳いだ後、肌や髪がカサカサになってしまった経験がある方は少なくないでしょう。
水道水の残留塩素はプールに比べれば極少量です。
しかし、水道水は日常的に大量に利用するものなので、残留塩素の影響も無視することはできないのです。