水道水がまずいと感じる理由

日本は、水道水を飲むことのできる数少ない国の1つです。
しかし、水道水を飲んで「まずい」「飲みにくい」と感じたことのある方も多いのではないでしょうか。
高い安全性を誇る日本の水道水ですが、そのまま飲むのに抵抗を感じる人も少なくありません。
今回は、水道水がまずいと感じる理由について紹介していきます。

kellepics / Pixabay

水道水がおいしくない理由

水道水がまずい理由の1つ目が、塩素の臭いです。
水道水は塩素によって消毒されています。
浄水場で使われた塩素が水道水に残留したものを残留塩素と言い、この残留塩素の量は水道法によって決められているのです。
つまり、水道水には必ず一定量の塩素が含まれているということです。
残留塩素によって水道水の安全性は保たれていますが、一方でカルキ臭さ、まずさの原因となってしまっています。

2つ目の理由は、カビ臭さです。
豪雨や台風によって河川に泥水が流れると、浄水場にも汚れた水が流れ込み、水道水からカビ、泥の臭いがすることがあります。
また、夏場は気温が高く、植物プランクトンや微生物が貯水池で繁殖しやすくなる時期です。
これらの植物プランクトンは2-メチルイソボルネオール、ジェオスミンなど、カビ臭さの原因となる物質を作り出します。
水源の清潔さによって水道水のおいしさは大きく左右されるのです。

3つ目の理由は、鉄臭さです。
しっかりと消毒された水であっても、蛇口まで行き着く家庭で汚れてしまうことは少なくありません。
水道管や貯水槽の内部は錆びついてしまうことも多く、この錆が鉄臭さの原因となってしまうのです。
特に、集合住宅で給水タンクや貯水槽に貯められた水を使っている場合は、その内部の状態によって味の変化が起こりやすくなってしまいます。

沸騰させる、汲み置きするなどの方法で水道水のまずさを緩和することもできますが、臭み、まずさの原因となる物質を完全に取り除くことは困難です。
このことは、ウォーターサーバー、ミネラルウォーター利用者の増加の一因となっています。