軟水と硬水の違い

ミネラルウォーターを購入する際に「軟水」や「硬水」などと記されているのを見たことはありませんか?
味や飲みやすさの違いと思っている人が多いでしょうが、具体的にはどのような違いがあるのか、解説していきましょう。

軟水と硬水の違い

水には、カルシウムやマグネシウムなどが含まれていますが、その含有量によって軟水と硬水に分けられています。
「硬度」いわゆるカルシウムやマグネシウムの量となっており、硬度120mg未満であれば軟水、硬度120mg以上であれば硬水と世界保健機構が定めています。

次に軟水と硬水の違いを解説していきましょう。
軟水は口当たりが軽くサッパリとして飲みやすいことが特徴です。
食材の旨味成分がより引き出されるので煮物をする日本人には適しているとされています。
また、洗剤や石鹸が泡立ちやすいので普段の生活にも使いやすいでしょう。
硬水は軟水とは反対で口当たりが重く苦味を感じる人もいます。
肉を煮る際にはアクも出やすく和風料理を作る際には向かないとされています。
そのため日本人は生活で使用するのであれば軟水が合うと言われているのです。

8moments / Pixabay

硬水のメリット

ですが、硬水にもメリットはいくつかあります。
カルシウムやマグネシウムが多く含まれているので血液がサラサラになり動脈硬化を予防してくれる効果があるだけではなく、女性にも嬉しい便秘解消効果もあります。
ただし、飲み過ぎたり胃腸が弱い人はお腹がゆるくなる可能性もあるので、そういった場合には軟水を飲むと良いでしょう。
次に軟水のメリットですが、1番は飲みやすいことですがお腹に優しいので赤ちゃんや子供、お年寄りにも安心して飲ませることができます。
また、カルシウムイオンやマグネシウムイオンによる悪影響もないので肌にも優しく、洗顔で使用しても肌のツッパリが感じにくいとされています。
ただし、軟水には生活には欠かすことのできないミネラルの含有量が少ないので、そのほかの食材で補給する必要があるでしょう。