衛生面は大丈夫?

ウォーターサーバーを検討している方の中には、ウォーターサーバーの衛生面が気になる人がいるようです。
ウォーターサーバーは衛生面が気になるという意見もありますが、実際にはどうなのでしょうか?

ウォーターサーバーは水道と同じくらい清潔!

よく、ウォーターサーバーはなにかと水道水と比べられます。
水道の水の方が衛生的だ、ウォーターサーバーの方が衛生的だ、ミネラル成分の有無や塩素にまつわる話、その他さまざまなことでいろんな人が言論を交わしていますが、結局のところ清潔さでいえば水道とウォーターサーバーに違いはありません。
個別に見ていけば、管理の方法やメンテナンスの有無で違ってくることはありますが、どちらも正しく管理しメンテナンスをしていればどちらも清潔で綺麗な水を飲むことができます。
安全の基準に関する話を見ても、水道水は水道局が徹底して水質を管理しており、WHOが定めた安全基準をしっかりと満たしている上、このラインを超えると危険という基準よりはるかに微量に抑えており、ウォーターサーバーの販売会社も市販に販売していい基準よりもさらに厳しい独自基準を作り、水質管理をしているのです。
お互い人が直接飲むことを意識して、できる限り安全な水を届けようと努力しています。

RonPorter / Pixabay

ウォーターサーバーの衛生に関する努力

ウォーターサーバーは、空気に触れている水が腐らないように様々な努力を重ね、お客様の口に入る水ができる限り安全で、安定した品質になるように努力をしています。
まず、汲んで来た水はそのままでは雑菌が繁殖している可能性があるので、丹念にそれを取り除くでしょう。
加熱殺菌や、濾過、沈澱などの方法を使って綺麗にした後は、空気に触れないようにして容器につめていきます。
水を真空パックにして、飲んだ量だけ水が減ってパックがしぼむようにしたり、容器の大きさが変わらないガロンタイプのものも、通す空気はフィルターをかけてホコリや雑菌ができるだけ入らないようにしているものもあるのです。

そもそも水は腐るの?

水は、ずっと流れていない場合、空気に触れているところから痛んでいきます。
水の分子はH2Oといい、強力で安定しているため水という物質そのものが痛んでいると言うわけではなく、水に溶け込んでいる物質が腐っていったり、空気に蒸発していいた水分がカビの原因になったりすることを痛んでいると言うのです。
そうならない為に、水道局やウォーターサーバー販売会社は、さまざまな工夫を凝らしているのです。