水中毒の原因とその症状

暑い季節になると、熱中症の心配が出てきます。
熱中症の対策として、水分や塩分を摂取するように促されていますが、両方とも摂取しすぎてしまうのは体にとって悪影響になってしまいます。
今回は、水分を摂取しすぎたことによる水中毒の原因や症状などについて紹介します。

そもそも水中毒とは?

水中毒は、水分を大量に摂取することで血液中のナトリウム濃度が低下してしまい、状況によっては命の危険にさらされてしまう可能性があります。
ナトリウム濃度が低下する「低ナトリウム血症」になってしまうと、めまいや頭痛、多尿、ひん尿、下痢などの症状が現れます。
さらに悪化してしまうと、吐き気やおう吐、意識障害などの症状が現れ、最悪の場合死に至る可能性もあるのが水中毒です。
海外の低ナトリウム血症が原因の死亡例は、水分の摂りすぎが低ナトリウム血症を引き起こしたとされています。
また、どれだけ多くの水を飲めるかを競う競技で7.5Lの水を飲んだ女性が死亡したケース、フットボールの選手が練習中に14Lの水を飲んで死亡したケースなどがあります。
水中毒による死亡例は、報道されることも多くなり、注目を集めていると言えるでしょう。
水中毒は誰にでも起こる可能性があります。

rawpixel / Pixabay

どのくらいの水分を摂取すればいいの?

水は、生きていくために欠かすことができない物ですが、飲みすぎてしまうと前述したように生命の危機にさらされてしまう可能性もあります。
人間が生きていくために必要な水分量は、1日に2.5Lと言われています。
普通に生きているだけで2.5Lの水分が奪われているため、これだけの量が必要になるのです。
食事で摂取したり体内で作られる水分量は1.3Lと言われているので、足りない分を補うためには1.2Lの水分を摂取する必要があります。
これは体格や年齢などによって個人差がありますが、目安にすることはできます。
1日に飲む量を無理に決めつけず、のどが渇いたタイミングなどで適宜摂取するのが理想的な摂取の仕方です。
そうすることで、水中毒や脱水症状を引き起こす可能性は格段に低くなるでしょう。

水中毒の正しい知識を

水中毒に関する正しい知識を持っておくことは、水中毒になる前に予防することができるなどメリットがたくさんあります。
誰でもなる可能性がある水中毒なので、他人事ではないことを忘れないようにしましょう。
もしも、何らかの体調不良を感じた場合は、早めに医師の診察を受けるなど対策を取ってください。