お水に賞味期限があるって本当?

皆さんは普段食べている食べ物の賞味期限は意識していると思いますが、お水の賞味期限は意識したことがありますか?
お水は、長い間取っておいても大きな変化は現れないため、なかなか意識するのは難しいかもしれません。
しかし、そんなお水にも賞味期限があるということを覚えておいてほしいと思います。
今回は、お水の賞味期限について説明していきます。

お水は腐らないの?

お水が腐らないと聞いたことがある人はいないでしょうか?
お水は無機物なので腐ることはありませんが、ふだん私たちが使っている水は微生物が混ざっているため腐ってしまうのです。
市販されているお水の場合は、できるだけ不純物を取り除いているため、長期間保存することができます。
しかし、1度開封してしまうと雑菌が入り込んでしまうため、時間が経つと腐ってしまいます。

お水にも賞味期限が決まっている

食品に表示されている期限は、急激に劣化してしまう物には消費期限、すぐに劣化しない物には賞味期限が表示されています。
賞味期限は、適切な保存方法で保存すれば品質を保つことができる期間とされているので、きちんと保存してあれば美味しく食べることができる期間ということです。
そのため、賞味期限を過ぎても食べることができないというわけではありません。
ただし気をつけないといけないのは、賞味期限は開封前の状態を前提条件としているため、開けてしまうと劣化するスピードが速くなってしまうので要注意です。

ペットボトルで売られている水の賞味期限は、どのメーカーでも1年に設定されていることがほとんどです。
開封した場合は、その日のうちに飲みきることが推奨されています。
500mlのペットボトルは直に口をつけて飲むことが多いので、雑菌が繁殖しやすくなってしまうためです。

ウォーターサーバーのお水の場合は、未開封で半年から1年、開封後はなるべく早めもしくは2週間から1ヶ月以内を目途に飲むことが推奨されています。
メーカーによっても異なるので、各メーカーの公式サイトを確認してみましょう。
また、ウォーターサーバーの場合はボトルをセットしてからカウントが始まると考えると分かりやすいと思います。
ペットボトルより長く保存できる理由は、フィルターによって雑菌が除去され、サーバーの構造上空気に触れることを防ぐためです。
ただし、サーバーを直射日光が当たる場所に置かないようにしたり、温度が高くなる場所には置かないようにするなどの配慮は必要になります。